必要な分だけを借りるはずが余計な分も借りてしまった

私は以前カードローンを利用していた経験があります。転職をしたばかりで、生活費が足りなくなりそれに加えて車のローンなどの支払いもあった為、最初は抵抗もありましたが、どう考えても自分の収入や全財産だけでは払いきれませんでした。

それでカードローンの利用を決めたのですが、本来必要な金額を借りても、まだ融資可能額が残っていました。私は少し遊びたいと思い、本来借りる必要のないお金を借りました。生活費や支払いなどを賄い、少し遊ぶお金も手に入ったので、しばらくの間は私は楽しく楽に生活をしていました。

しかしカードローンで借りたお金は返済しなければなりません。楽しかったのも束の間。今度は返済するために生活を切り詰めなければならないという状況になってしまいました。本来必要な分だけを借りていたなら、数か月で全額返済できる予定でしたが、必要のない分まで借りてしまった為、全額返済するのに1年以上かかってしまいました。

もちろん借りたことによって生活費や支払いを出来た事に関しては良かったと思っています。しかし自分の欲によって多く借りてしまった事は後悔しています。借りる際は本当に必要な分だけを借りる。そしてそれ以上融資を受けれる場合でも絶対に手を付けない事が大事だと思います。必要ない分を借りて遊べても結果、後で苦しむことになりますから。